よくあるご質問

歯周病治療やインプラントなどの診療内容について、患者さんやご家族からよく寄せられる質問をまとめました。
ぜひ参考にしてください。

予約は必要ですか?
基本的には予約制となっておりますが、急患の方は随時受け付けしておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
妊娠中や授乳中に治療をしても大丈夫でしょうか?
治療内容にもよりますが、原則可能です。妊娠中は安定した時期がいいでしょう。妊娠中、授乳中の方は治療前にお申し出くださいませ。
子供は何歳から診てもらえますか?
何歳からでも大丈夫です。お気軽にお電話ください。
痛くて我慢できないのですが、救急対応は可能ですか?
可能です。来院前にお電話いただければ対応致します。
支払にクレジットカードは使えますか?
保険診療は取り扱ってませんが自費診療はご使用いただけます。
保険診療と自費診療の違いを教えてください。
保険診療とは、国の保険制度を使用して治療をすることです。患者さんは治療費の一部のみの負担となるため、費用が安くすみます。しかし、国で定められた細かいルールがあり、治療内容や使用する材料の制限があります。自費診療は、国の制度を使用しない治療で、治療費は患者さんの自己負担となります。ただし、治療内容や材料には制限がないため、治療の選択肢を広げるとともに、その人の個性に合わせた診療を行うことができます。
金属アレルギーがあるのですが大丈夫ですか?
金属アレルギーの方でも当クリニックを受診していただけます。その場合には金属を使わない治療を行いますので、事前にスタッフまでご相談ください。
なぜ治療した歯が再び虫歯になるのでしょうか?
虫歯は細菌感染です。つめものとの境目から侵入して残念ながら虫歯になる事もあります。
結婚式や旅行などの予定にあわせて治療してもらますか?
治療の内容にもよりますが、できるだけご希望に合わせて治療が進められるように努力します。お気軽にご相談ください。
ホワイトニングは身体に悪くないのでしょうか。
正しい容量や用法を守れば、身体に影響を及ぼすことはありません。ただし、場合によっては知覚過敏などの症状がでることがあります。口の中の状態などをみながら施術の前に十分なカウンセリングを行いますので、ご安心ください。
駐車場はありますか?
申し訳ございませんが、ご用意がありません。お車でお越しの際は近隣の駐車場をご利用下さい。
痛くないのに虫歯ということはあるのか
虫歯=痛いというイメージがある方も多いと思われますが、痛みを自覚するほどの虫歯は、かなり進行していることがいることが多く、そこに進行するまでの間は、虫歯があっても症状を自覚しないことが多いです。冷たいものや温かいものがしみる症状がある場合は、必ず虫歯というわけではありませんが、早めにチェックを受けることをお勧めします。
歯周病は治るのか
歯周病が進行して一度減ってしまった歯ぐきや歯の周りの骨が元通りになることはありませんが、それ以上進行しないようにすることが治療の目標になります。また、歯周病の手術により失われた骨をとり戻すことも可能です。
ホワイトニングとクリーニングは何がちがいますか?
歯のクリーニングは一般的に歯石をとったり、歯の表面の着色をとることです。ホワイトニングは歯の表面に薬剤を浸し、光を当てることによって歯の内部の色素を化学的に分解し漂白することを言います。
ホワイトニングでどれぐらい白くなりますか?
個人差があるので、一概には言えませんが、白くなりやすい歯となりにくい歯は存在します。まずはご相談ください。
通院の頻度はどれくらいでしょうか。
患者様に合わせてメンテナンスの時期をご案内していますが、3ヶ月から長くても6ヶ月に1度は定期検診を受けていただくことをおすすめしています。
費用について治療前に相談することは可能でしょうか。
もちろん可能です。お気軽にご相談ください。