ブログ

奥歯の詰め物について

2020.07.18

こんにちは。

本日は、奥歯の詰め物の種類や、どういった場合なら保険が適応になるの?

といったお話をしていきたいと思います(⑅•ᴗ•⑅)

まず、以前にもお話しましたが虫歯の大きさや位置によって

詰め物の種類が変わってきます。

小さな虫歯でしたら、その場で詰めて固める樹脂での治療が可能です。

次に、歯と歯の間にできた虫歯は、とても小さくない限り、形をとって詰め物を

はめるという治療になります。(奥歯の場合)

↑このような詰め物が一般的で、保険適応のものだと銀の詰め物になります。

治療の流れとしては、虫歯を削って形を作り、型取りをして約1週後に出来上がってきた銀歯をセメントで付けます。

3割負担で1本2~3千円程度です。

さらに、虫歯が深く神経まで達してしまった場合は、

神経を取り、根の治療が必要になります。根の治療をした歯は脆くなるので

土台を入れてかぶせ物をします。

その土台と被せ物も保険適応の場合は基本的には金属になります。

かぶせ物の場合、一番前の歯から数えて4番目と5番目にあたる歯は、

白いプラスチックのかぶせ物が保険適応でも作ることが可能です。

金属よりも強度が低く、色が変わりやいというデメリットがありますが、

安価で白いものがいいという方にはいいでしょう。

3割負担で1本5千円程度です。

かぶせ物の金属は、1本4~5千円程度です。

奥歯でなおかつ白いものがいいという方は、自由診療のセラミックの

ものになります(*´ロ`*)

また、自由診療ではありますが、銀歯でなく金(ゴールド)でも

作成が可能です。銀とは違い金(ゴールド)は、しなるので歯に馴染みやすく

より長持ちすると言われています(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

その方のお口の状態やご希望によって、適するものは変わります。

より良いものをご提案させていただきますので、お悩みの方は

ご相談くださいd=(^o^)=b

Related Articles

  • WEB予約について2020年11月13日 WEB予約について こんにちは。 11月に入り、もう残すところ今年もあと2ヶ月だなんてびっくりで […]
  • 新ユニットご紹介☆2020年10月16日 新ユニットご紹介☆ こんにちは。 最近は一気に寒くなってきましたね(´◦ω◦`): 体調にお気を […]
  • マウスピース除菌洗浄スプレー★2020年10月23日 マウスピース除菌洗浄スプレー★ こんにちは。 今回は、マウスピースの除菌、洗浄スプレーが少し前に新しくなった […]