ブログ

意外と知らないインプラント

2019.02.18

こんにちは。

今日は意外と知られていないインプラントのお話をしていきたいと思います。

当ブログでもインプラント治療についてお話させていただいたとこは
ありますが、もう少し根本のお話です♪

患者さんとお話していると、”インプラント”というものを
勘違いされてる方がかなり多くいらっしゃいます。

”インプラント”はよく聞く言葉であると思いますが、
ただのセラミックの被せ物だと思っている方が結構多いんです(*′☉.̫☉)

「インプラントって芸能人がみんなやっているやつでしょ?」
なんて方もいらっしゃいました。

”インプラント”とは、何らかの理由で抜かなければならなくなってしまった歯を抜き、
人工の歯根(歯の土台)を外科手術であごの骨に埋め込み、人工歯を装着する治療法です。
その土台に被せ物をする際使うものがセラミックです。

詳しくはこちらをご覧下さい!

歯を失った際には通常保険の治療だと、入れ歯かブリッジになりますが
保険の治療だとどうしても食べづらくなった、見た目が気になる、
予後が不安、など様々な問題が出てくる場合が多いです。
1本くらいなら問題ない場合も多いですが、数本なくなってくると特にこういったことが増えてきます。

では、意外と知らない様々な疑問についてお答えしていきます((*◕ω◕)ノ

身体に入れるものだけど、金属アレルギーの心配は?

今ではチタンを使ったインプラントが主流です。
チタンは、心臓のペースメーカーや人工関節などにも使われる金属で、
人体に埋め込んでも毒性がなくアレルギー反応も非常に起こしにくい素材と言われています。

インプラントにすると若返るって本当?

まず、見た目が若返ると言われています。理由はインプラントにすると、
ものをしっかり噛めるようになり、その結果顎や顔の筋肉が鍛えられ、
口角が上がり、口元のしわが目立たなくなるといったアンチエイジング効果が
生まれると言われています。
怒っていないのに「怒っているの?」なんて言われるのも、
歯を失って口の周囲や表情の筋肉が衰えると表情が冴えなくなるのが一因です。
インプラントが入り、よく噛めるようになると、
刺激を受けて筋肉や皮膚が以前の機能を取り戻し表情もそれにつれて若返っていくと言われています。
さらに、入れ歯のようなバネなどがなく、見た目にも美しい口元を手に入れることで、
人前でも自信をもって話せるようになり、その自信が美しさを引き出すとも考えられています。
また、体力が改善することによる若返り効果も期待できます。
つまり硬いものでも美味しく食べられるようになることで栄養バランスが改善し、
体の内側から健康になる結果、若々しさと美しさを取り戻すといわれているのです꒰ ˘͈௰ ˘͈ ૢ꒱

インプラント治療は高齢者でも受けられるのですか?

インプラント治療に年齢の上限はありません。
骨の状態は年齢とともに衰えてゆくため、早ければ早い方がより良い結果を生み、
体への負担も少なくて済みます。また、ブリッジや部分入れ歯は、
支えに使っている大切なご自身の歯に負担がかかり、支えの歯を失う心配がありますが、
インプラントならそのような心配がありません。
もちろん、技術の進歩は目覚ましく、歯肉や顎の骨の状態があまりよくない場合でも手術ができるケースが広がっています。
また、手術の体への負担も少なくなってきていますので、単に高齢だからと言って諦める必要はありません。

持病があってもインプラント治療を受けられますか?

持病があっても、主治医のもとで症状をコントロールしておくことによって
インプラント治療が可能になります。
諦めずにご相談ください*ゝω・)ノ☆

入院の必要はありますか?

インプラントの手術は、歯を抜く手術と同じように局所麻酔で行います。
手術後止血が確認でき、十分休憩すれば帰宅していただけますので、入院の必要はありません。

いかがだったでしょうか。
インプラントは今では身近な治療方法です。
費用のネックはありますが、その価値があるものなので
歯を抜く予定がある方、入れ歯を使っているけど使いづらいなと感じている方は
ぜひ視野にいれてみると良いと思います(*^∇^*)ノ

インプラントにして人生変わった!なんて方もいらっしゃいますよ(◍ ´꒳` ◍)b

Related Articles